Our Service

私たちはプリント基板検査の専門家「ミクロのガードマン」です



  • 当社の特色は、プリント基板検査に特化した
    きめ細やかなサービスです。
  • 24時間受付、24時間検査体制!
  • 超高速検査で、検査の所要時間を短縮!
  • 最短1泊2日の短納期!

  • ポジフィルムもしくはネガフィルムからガーバーデータを作成することが可能です。「基板検査を依頼したいけれどもガーバーデータがない」という方もご相談ください。
  • 編集済み検査データの支給も大歓迎!
  • ルーター加工やVカット加工、金型プレス加工などの外形加工も承ります。
  • 外観の目視検査もいたします。
  • 安心してお任せください!


  • 容量測定方式による高速パターン検査

    • 基板上のパターンは、電気的に絶縁された検査用電極との間に、そのパターン面積に比例して一定の容量を持ちます。パターンに短絡・断線等があるとパターン面積が変化し、この容量値も変化します。その値を良品データと比較することで、パターンの短絡・断線を検出します。
    • パターンの持つ浮遊容量値は非常に小さいため、専用治具を使用し、バキューム吸着により安定した測定値が得られるようにしています。


    検査ステップ

    • 導通検査方式では、Aパターンの断線検査をする場合、①-②、 ①-③、①-④の3ステップ゚の検査が必要で、B、Cについても同様の検査が必要になります。
    • さらに、A、B、C間の短絡検 査をする場合、A-B、A-C、B-C間をそれぞれ検査する必要があり、回路が複雑になれば検査ステップは膨大になります。
    • 容量測定方式では、各パターンの端点のみの検査で断線と短絡検査ができます。



    • ▼ワイドな検査エリア 610(W)×510(D)


    • ▼光学顕微鏡(50~400倍)打痕検証


    • ▼データ編集機(UCAM)